親子リレー返済って何?

投稿者:

ある一定以上の年齢になると、住宅ローンを基本的に借りることが出来なくなってしまいます。これは定年退職などによって返済能力がなくなってしまうと仮定されているからですが、申込者に返済能力がなくなってしまった場合に、その子供がローンを引き継いで返済を行うことを約束する契約が、親子リレー返済になります。

住宅ローンはどうしても高額の貸し付けになるため、最長35年といった長期間にわたるローンを組むケースが多くなりますが、結婚年齢の高齢化や、出産年齢の高齢化などによって、住宅を購入する人の年齢層も上がってきています。

そのためにどうしても年齢が原因で住宅ローンを組むことが出来なくなってしまう人が増えていくことが考えられるため、ある程度の年齢以上の方でも住宅ローンを組むことが出来るようにするために、このような親の返済能力がなくなった時点で子どもが返済を引き継ぐという親子リレー返済の制度を利用して、住宅ローンを組むことが出来るようになりました。

親子リレー返済をリ以要するためには、申込者の子まはた孫に定期的な収入がある事、申込み時子または孫の年齢が70歳未満であること、連帯債務者に慣れる事などがあります。