総量規制対象外のキャッシングとは

投稿者:

現在貸金業法では、総量規制という規制制度があります。この総量規制というのは、貸金業者は消費者に対して、年収の三分の一以上の融資を行ってはならないということになっています。

つまり、もし年収が300万円の人ならば、貸金業者は100万円以上の融資を行っていけないということになります。これは消費者が貸金業者からの多額の借入をすることで債務不履行を起こし、経済的な破たんをすることから保護するための制度になっています。

ですが、一方で年収が低い人はお金を借りたくても借りることが出来ないという制度でもあります。この総量規制ですが、貸金業法という法律での規制になるため、貸金業法以外の法律によって規制を受けている金融機関については、実は総量規制の対象になっていないため、年収の三分の一以上の金額でも融資を行うことが出来るんです。

例えば銀行は銀行法の規制をうけ貸金業法の規制を受けていないので、総量規制の対象にはなりません。このように、貸金業法以外の法律で規制を受けている金融機関が行うキャッシングは総量規制対象外のキャッシングになるんです。